出会い系サイトで女をつかまえてセックスするもっとも簡単な方法は、SM専門の出会い系サイトでM女をつかまえることです

「SM出会い超入門」最高のセフレはSM出会い系のM女

05 SM プレイ

ごく普通の女の子がズブズブの雌豚ドM性奴隷になっちゃう5つのステップ

更新日:

自分のことを「Mかも?」と思っている女の子は多いです。でも、なぜそう思っているかといえば、それは「自分はいじめるのとかすきじゃないから……Sじゃないなら、Mなのかな?」といった、実にふわふわしていて根拠の無い消去法によるものなわけです。

そのため、これまでごくごく普通の生活&性生活を送ってきた女の子というのは、「自分がSかMかよくわからない……でも、エッチの時は責められる方が好きだからたぶんMかなあ?」くらいの感覚で、自分のことをMと考えています。

「エッチは責められる方が好き」なんていうのは、よく考えれば当たり前のことです。責められてるということは性感帯を刺激されているということですから、「直接的で肉体的な快楽」を得られますよね。

責めてる側は、相手が感じていて気持ちよくなっているのを見て、こちらも「精神的な快楽」を得るという二段階の作業が必要になりますからね。もちろん、愛する恋人が気持ちよくなってくれて嬉しい、という満足感は得られるかもしれませんが、それが快楽にまでなるというのはごく普通のエッチだけではなかなかそこまでの域には達しません。

でも、SMは普通のエッチではありません。その更に次のステージを目指すためのプレイです。

本日は、「ちょっとMかも?」どまりの女の子をズブズブのドMメス奴隷へと調教するためにはどうしたらいいのか? 順を追って解説していきたいと思います。「ごく普通の女の子がズブズブの雌豚ドM性奴隷になっちゃう5つのステップ」をどうぞ。

その1.まずはシチュエーションプレイで主従関係をお試ししてみる

ごく普通の女の子がズブズブの雌豚ドM性奴隷になっちゃう5つのステップ

いきなり「M奴隷になれ!」と言われて、「わかりました!」とこたえる女性はいません。最終的な着地点はそこになりますが、最初から無理強いしてしまうのは明らかにNGです。

まずはゴッコ遊び(シチュエーションプレイ)から入るといいでしょう。

たとえば「先生と生徒」であったり「医者と患者」であったりといった、明らかな主従関係があらかじめ構築されている関係を選びます。「上司と部下」や「先輩と後輩」なんてのでもいいですよね。その辺りはお好きなモノを選んでください。その際は、それをより連想させるコスチュームや小道具があるとよりベストですね。医者役をするのであれば白衣を着てみたり、生徒役をさせるのであればセーラー服を着せてみたり。

人間というのは不思議なもので、制服によるイメージが気持や役割と強く結びついてしまうんです。その昔、高校生になって学ランを着た時はなんだかすごく大人に近づいて大きくなった気になりましたし、スーツを着るようになった頃にはそれを着るだけでなんだか身が引き締まるような思いがしたりしましたよね。SMというのは精神的なものが非常にプレイに影響します。気持ちを高めていく上でお手軽なコスチュームはぜひともおすすめしたいです。

そうしてかりそめの主従関係を築いたのであれば、照れずにそれをやり通しましょう。この際、従属する側のほうは必ず敬語を使うようにしつけてください。はじめはゴッコ遊びだから仕方ない、と受け入れてくれますし、そのプレイを続けていくうちに本当の主従関係というものが少しづつ出来上がっていくわけです。

ただ、敬語を使わせるといっても言葉の選ばせ方も大事です。具体的に言うと、ポジティブな敬語をより多く使わせて、ネガティブな敬語はなるべく使わせない、ということです。

  • ありがとうございます
  • 気持ちがいいです
  • 嬉しいです
  • もっとして欲しいです
  • お願いしてもいいでしょうか……?

といった感謝で肯定的な気持ちを伝える言葉というのはいう方も聞く方も気持ちが良いものです。

  • ごめんなさい
  • わたしが間違っていました
  • 申し訳ありませんでした

というような謝らせる言葉というのは、最初のうちはなるべく避けて行きましょう。これらの言葉が有効的に作用してくるのは中盤以降の話なので、もうちょっと先です。まだゴッコ遊びの段階では「嫌なイメージ」を植え付けかねないので、避けたい言葉です。

まずはポジティブな要素だけを与えて、「SMプレイって楽しいのかも」という好印象をあたえることに専念しましょう。まずはそこが第一歩です。

その2.奉仕させる行為と快楽を結びつける

ごく普通の女の子がズブズブの雌豚ドM性奴隷になっちゃう5つのステップ一番わかりやすい女から男への奉仕としてはフェラチオがありますよね。あれって実はとても疲れるんです。続けているとあごが外れてしまうほどの痛みを持つ女性もいます。口の疲労感は大きいし、口が塞がれていることによって呼吸も制限されますので息苦しくもあり、それにいくら清潔にしていても独特の匂いが発生してしまいます。ごく一般的な女性であれば「あまり長時間はしたくない」というのが本音です。

でも、ズブズブのドMメス奴隷であれば長時間は当たり前。むしろフェラチオ行為にたいしてよろこびを感じるようにさせなければなりません。

でも、嫌なものを好きなものに変えるのって、どうしたらいいんでしょう?

その答えは、嫌なものと好きなものを同時に与えて結びつけるところにあります。嫌なことをすれば好きなものもついてくる。つまり嫌なことをすれば好きなことになる。結果として好きなものがもらえるなら、嫌なことじゃないじゃん!という方法論なわけです。

具体的にどうすればいいかといえば、フェラチオさせたあとはそれ以上のクンニをしてあげることです。フェラチオとクンニはお互いの性器を舐めるという点でほぼ同じ行為と言えます。人間は人からなにかをされて嬉しかったらそれをお返ししなきゃ、と思ってしまう習性があるわけですね。たとえば、スーパーの食品売場で試食をさせてもらったら買わなきゃいけない気になる、あるいは、プレゼントをもらったお返ししなければならないと思う、なんて思ったことがみなさまもあるでしょう。

あれだけいっぱい気持ちのいいクンニをしてくれたんだから、わたしもいっぱいフェラチオして気持よくさせてあげたい……という気持ちを、自然に引き出すのです。

あとはフェラチオ中に頭をなでてあげたり、耳の裏あたりをそっとなでてあげたりなど、相手に対して「大事にしている」感じを出してあげるのもいいでしょう。寝ながらフェラチオされているときなどは、ついつい大の字になってフェラチオの快感に集中してしまいがちですが、そういったときに相手をいつくしんでねぎらってあげる事ができると、喜んでくれるものなんです。特に女の子は頭をナデナデされるのに弱いですからね。

ごく普通の女の子がズブズブの雌豚ドM性奴隷になっちゃう5つのステップ

さらにその次の段階としては、69(シックスナイン)もいいでしょう。シックスナインであればフェラチオをしながらクンニされるわけですから、フェラチオによるネガティブな要素よりも、クンニによるポジティブな要素が勝るわけです。つまりフェラチオをしながら同時に快楽を得られる……

「フェラチオ=気持ちいい」

という関連付けをするわけです。これは教育の現場などでもよく使われる手法です。算数の問題を解いたら褒めてあげる。褒められれば気持ちがいい。もっと気持ちよくなりたいから、もっと算数の問題を自主的に解き始める、というわけですね。これを続けていけば、自主的にフェラチオをし始めるようになりますよ。その時の顔はまさに真性M女のソレに近いといっていいでしょう。

その3.何度もイカせることで快楽漬けにしてカラダを開発する

そもそもM女がなぜS男に奉仕するかというと、本人が気持ちよくなりたいからです。奉仕をすればその見返りとしてわたしを気持ちよくしてくれる。ある意味、そういった打算的な考えも根底にあるわけです。M女が奉仕をするのはS男のことを思ってではなく、自分自身のことを思ってというのがポイントなわけですね。つまり、M女というものは自己中であるといえるでしょう。

そんな自己中M女をコントロールするためには、快楽漬けにしてやるのが一番です。猿にオナニーを覚えさせるとオナニーをし続けて死ぬ、なんてこと聞いたことありませんか? あれって実は完全な作り話なんだそうですが、でも本当にそうなるかも? なんて信ぴょう性がちょっとありましたよね。

なぜちょっと信じてしまうかといえば、自分自身がオナニーを気持ちいいと考えているから、本能のままに生きている(ように見える)猿ならば、本当に死ぬまでし続けてしまうのではないか? というわけです。つまり、人間の中で「快楽というのは生存本能よりも上に位置しているかもしれない」という思い込みがあるわけです。

もっとも、麻薬に手を出せば高い確率で死に至ることを知りながらも、一度その味を知ってしまったらやめられない……つまり快楽に抗えずに死んでしまうという実例も多々あるわけですから、そう思ってしまうのも無理は無いかもしれません。それくらい快楽というのは人間にとって蜜の味なのです。

とはいえ相手に快楽を与えると一言でいってもそう簡単ではありません。至極の快楽を与えるためには何年もの経験と、それに裏付けされたテクニックが必要……なんて思う人もいるかもしれませんが、実はそんなのって必要ないんです。だって、電マ(電動マッサージ機)を使えば、あの加藤鷹のフィンガーテクニックよりもワンランク上の快楽をだれでも簡単に与えることができるのですから。

今はネットやドンキホーテなどでお手軽にそういった電マを購入できますからね。値段だって高くて3000円くらいのものですから、それで簡単に極上のテクニックが手に入ると思えば安すぎるといったところです。ぜひとも手に入れておきましょう。

ごく普通の女の子がズブズブの雌豚ドM性奴隷になっちゃう5つのステップ

ハンディマッサージャー

電マが役に立つのはそれだけではありません。電マを使ったオナニーをさせるというのも調教の一環になりますからね。当然ながら、オナニーというものは一人でこっそりやるものですから、人に見せるというのは恥ずかしいものです。でも、その恥ずかしさ……いわゆる羞恥心こそ、SMプレイを引き立たせるスパイスになるわけですからね。

もうこんなところを見られてしまったら、お嫁に行けない……といったような姿をいかに見るか、というのもまたS男であるご主人様の特権であり愉しみでもあります。支配欲や征服欲といったものをダイレクトに満たせますからね。目の前でのオナニープレイをさせれば、何度もイクことによってカラダが開発されていきますし、「恥ずかしいこと=気持ちいいこと」というように、先程と同様に関連付けを行うことによってよりM女としての高みに登らせることができるわけです。

その4.乱暴に扱うことも愛のうち、ということをわからせる

ごく普通の女の子がズブズブの雌豚ドM性奴隷になっちゃう5つのステップこれまではどちらかといえばソフトで優しく接することをアドバイスしてきましたが……それはあくまでも、入門の段階までです。初心者から初級者へうつるあたりでは、乱暴に扱うということも視野に入れてきましょう。これはSM行為には欠かせません。アメがあるからこそムチが引き立ちますし、ムチがあるからこそアメが引き立つ……つまり、光と影のような、陰と陽のような、表裏一体の関係なわけです。

具体的にどんな行為が乱暴な行為に当たるかといえば……

  • おしりを激しく叩いてみる(スパンキング)
  • 罵声を浴びせる(ほんと変態な女だな、そんな格好して感じてるのか?)
  • 足で踏みつけてみる(とくに頭を踏むと屈辱感が高い)
  • 首を軽く絞めてみる(あくまでも軽くです。加減を間違えないように)
  • ベッドに突き飛ばしてみたり、粗雑に扱う

などなど。

もちろん他にもいっぱいあります。ここで大事なのは「ただの暴力になってはいけない」ということです。あくまでも「愛のあるしつけ」でなくてはいけません。同じ尻を叩く行為であっても、その先に快楽があるのならそれはSM行為なわけです。

そして、これらの行為が「愛のあるしつけ」として受け止めてもらうためには、それまでの土台が大事です。今までさんざん優しくソフトに接してきたのはそのためでもあるのです。優しい思い出があるからこそ、きっとこの乱暴な行為も裏に優しさがあるはず……と思い込んでくれるわけです。

すでにある程度の主従関係は築けたと思った段階で開始してくださいね。こっちがそう思っていたとしても、あっちはそうは思っていなかった……なんてすれ違いもあるわけですから。でもそんなギャップを少しずつ埋めていくのもまたSM行為の楽しみでもあるわけです。失敗を恐れて何もしない、というのが一番良くないことですからね。

ここで女性が引いてしまっては今まで築き上げてきたものが台無しになってしまうわけですから、慎重に行きましょう。乱暴な行為をする前後にはかならず快楽を与えてくださいね。甘いキスであったり、クリトリスを刺激してあげたり、優しい言葉であったり、なんでもいいんです。それらがあるだけで、ただの暴力に成り下がってしまうリスクは大いに減るのですから。

きちんと女性側のリアクションや表情を観察していくことが大事です。それは今後ずっと大事になっていくことですので、忘れずにいてくださいね。

その5.ムチのあとは必ずアメを与える。そこまでがひとつのサイクル

ごく普通の女の子がズブズブの雌豚ドM性奴隷になっちゃう5つのステップ

さきほどはムチについてお話をしましたが、今度はアメです。乱暴で苦痛を味わったあとにはこれでもかとアメをたくさん与えてあげましょう。

  • 強く抱きしめてあげる
  • 愛してるとささやく
  • 甘くねっとりとしたキスをする
  • 髪をなでてあげる
  • じっと見つめてあげる

と、いったことでいいんです。相手が「わたしは大事にされてる、愛されている」と実感できるような行動というわけですね。そういった気持ちが得られることで、相手のことを信頼することになりますし、より安心感を伴うようになります。そんな気持ちが高まっていけばまた次の段階……よりハードなプレイへと挑戦できるようになるわけです。

M女をイチから調教するというのは大変なことです。忍耐力が必要となります。でもそれを経て立派な自分好みのドスケベな淫乱メス奴隷を作り上げた時の達成感やよろこびは他では絶対に味わえませんからね。そういった努力と忍耐がS男には必要になってくるのです。

そして、SMプレイにおいて欠かせないのはなによりも「愛」です。それは見せ掛けのものではダメなんです。興の冷めるようなことをいってしまうかもしれませんが、SMというのは究極の「ゴッコ遊び」であるとも言えるかもしれません。どこまでお互いの役割に没頭できるか……その雰囲気を高めてくれるのは、やはり「愛情」なわけですね。

そんな「愛情」と「信頼」を高めていけば、自然とSMプレイの質も高まっていくものなんです。最初はうわべだけの、肉体的な快楽だけの主従関係でもいいでしょう。でも、できればそれに満足しないで次の段階へと進んでほしいものです。せっかくSMの世界に足を踏み入れたのなら、ぜひとも真のSMの世界というものを味わってほしいものですから。SM系出会い系を利用するというのは、その第一歩の練習には最適といえるでしょう。

オススメSM出会い系サイト

出会い系サイトで女をつかまえてセックスするもっとも簡単な方法は、SM専門の出会い系サイトを使うことです。

わたしが利用したなかでも、とくにオススメできるSM出会い系サイトを紹介します。

>> 本当に出会える絶対にセックスできるSM出会い系サイトランキングを見る

-05 SM プレイ

Copyright© 「SM出会い超入門」最高のセフレはSM出会い系のM女 , 2018 All Rights Reserved.