出会い系サイトで女をつかまえてセックスするもっとも簡単な方法は、SM専門の出会い系サイトでM女をつかまえることです

「SM出会い超入門」最高のセフレはSM出会い系のM女

00 SM 初心者 09 SM 出会いターゲット

彼女や妻をM女としてSMの世界に引き込む4つの方法

更新日:

彼女や妻をM女としてSMの世界に引き込む4つの方法

SMプレイといえばアブノーマルプレイの代表ですよね。アブノーマルプレイというのはその名の通りノーマルではないプレイ……つまり普通ではないプレイというわけです。

では、普通なプレイとはいったいなんなのか? という話になるのですが、多くの人は恋人同士や夫婦が行う愛情行為としてのセックスをあげることかと思われます。そしてそれは実際に正しいでしょう。ごくごく普通のプレイです。

つまり、ごく普通のカップルや夫婦はSMプレイをしていないというわけですね。なぜSMプレイがなかなか広まらないかといえば、それは羞恥心が大きく関係しているように思えます。SMプレイ=変態プレイのようなイメージが先行してしまい、真面目なカップルや夫婦で「ちょっとSMプレイをしてみない?」なんて言ったら相手に引かれてしまうのではないか。それどころか嫌われてしまい、別れることになりかねないのではないか……そんな風に危惧してしまう人が多いんでしょう。

とくに女性側はこの傾向が強いですよね。男性であれば冗談っぽくSMプレイを提案してみて、相手の反応がいまいちであれば「なんてね!ちょっと言ってみただけだよ!」と言った感じでさらっと流すことも出来ますが、女性から提案した場合はシリアスな空気になってしまいかねません。旦那や彼氏が真面目な堅物であればなおさらです。相手の反応や返事が怖くて切り出せないままな「潜在的SMプレイ人口」というものは非常に多いものだと思われます。そして、自分の願望を言えずに黙ってしまっている人は圧倒的に女性のほうが多いのです。これを読んでいるあなたの彼女や奥さんも、もしかしたら秘めたSM願望を持っているのかもしれません。

そんなこれまでごくノーマルなプレイしかしてこなかった彼女や妻をM女としてSMの世界に引き込む4つの方法をお教えしたいと思います。

彼女や妻をM女としてSMの世界に引き込む4つの方法

その1.ソフトSMから始めてみる

彼女や妻をM女としてSMの世界に引き込む4つの方法

言葉ってのはほんとうに大事ですよね。SMプレイもその前に「ソフト」という文字がつくだけでだいぶ柔らかい印象になります。たとえば、プチ整形なんて言葉がありますよね。あれってもっと整形する人口を増やしたい=売り上げを伸ばしたい、という美容整形業界が作り上げて広めた言葉だと言われています。整形手術というとなんだか重くてお金もかかりそう……でも、プチ整形という言葉ならもっと身近でお金もかからなそう。そんなイメージを売り込むことで、実際にこのプチ整形は大ヒット。

そして、最初はまぶただけのプチ整形で済ますつもりが、他のところも気になってくる。どうせもう1回やっちゃったんだし、あともう1箇所だけ……。そして次から次へと手を出してしまい、いつのまにやら本格的な整形手術を受けてしまっている女性も少なくありません。入り口を気軽なものにして、徐々に引きずり込んでいく……商売の基本でもありますが、これはSMプレイにもまったく同じことが言えます。

ここでいうソフトSMというものは、目隠しプレイだったり、柔らかい布を用いた手首だけの緊縛プレイだったり、といった感じです。ロウソクやムチなどは一切つかいません。目隠しプレイにしろ手首だけの緊縛プレイにしろ、ハンカチやネクタイがあればすぐ始められるという手軽さも魅力ですよね。専用の道具を買ったり準備する必要がないので、気負わなさがあるのがいいですよね。

おもむろにカバンからロウソクやムチを取り出して「たまたまこんなの持ってたんだけど、ちょっとSMプレイしてみない?」なんて言っても不自然さ極まりないですが、相手の服を脱がしている時にすっとネクタイを外して「ちょっと今日は趣向を変えてみない?」なんてささやきながら目隠しプレイを始めるのはとても自然な流れですし、女性からしても普段とは違う雰囲気にドキドキしてしまうことでしょう。

なので事前に「今度ソフトSMプレイをしてみない?」と相談や提案をするよりは、さも今おもいついたような感じで突然はじめて見るほうがいいでしょう。女性はムードやシチュエーションというものを重視します。突然はじまったサプライズ的なソフトSMは普段よりも興奮し、その興奮が快楽につながることで「ソフトSM=楽しくて気持ちがいいもの」というポジティブな印象に変えてくれます。何事もまずははじめが肝心ですからね。

ソフトSMのよりくわしい解説は「「ソフトSMが上手な男は超モテる」その理由」をごらんください。

その2.普段のセックスにオモチャを取り入れてみる

今はとてもいい時代になりました。なにせ1000円もあれば送料込みでローターやバイブなどのアダルトグッズが気軽に買えるのです。むかしのアダルトグッズといえばいかにも怪しい狭く薄暗いお店に入って、店員と顔と顔を合わせて「これをください」という手続きをしないと買えないものでした。女性はおろか、男性だって恥ずかしいですよねそんなの。でも今はスマホやパソコンから3分もあれば注文できますし、誰にもわからないように梱包されて配達されてきます。

バイブやローターであれば送り状の品物の欄には「健康器具」だったり、オナホールやローションであれば「生活雑貨」といった品目名で送られてきますので、万が一家族に見られても怪しまれることはありません。家族の目に一切ふれさせたくないのであれば、郵便局留めで送ってもらうことも出来ますし、いまはコンビニで受け取ることも出来ますからね。

事前に注文しておいて、いざ彼女や奥さんとのセックスが始まるというときに「実はこれ……ちょっと買ってみたんだけど、試してみない?」と取り出すのは、わりとイチかバチかの賭けになってしまいます。まだ見た目がかわいい小ぶりのピンクローターであればいいかもしれませんが、エグい形をした本格的なバイブだったりなんかした日にはそれこそ引かれてしまってもおかしくはありません。

彼女や妻をM女としてSMの世界に引き込む4つの方法なのでわたしがオススメしたいのは、彼女や奥さんと一緒にアダルトグッズを購入するところからはじめてみる、ということです。この場合は通販であれやこれやと一緒に画面を見るのもいいんですが、お近くにドン・キホーテがあるのでしたらそちらへ足を運んでみることをオススメします。

「ちょっとドンキで買いたいものがあるんだけどいい?」なんて誘い、アダルトグッズが置かれている階に一緒に行ってみましょう。たいていはパーティグッズだったりバラエティグッズなんて名目のフロアにありますので、こんど会社or友達同士の飲み会でビンゴ大会やることになっていろいろ必要になってさ……なんて風に言えば不審がられることもありません。

そんなパーティグッズのコーナーにはわりと堂々とコスプレ衣装が置かれていますので、まずはそこを入り口としてみましょう。こんなの似合いそうだよね、これはさすがに恥ずかしいよね、なんて話題を振りまきつつお目当てのアダルトグッズのコーナーへと自然に足を伸ばすことが出来ます。

女性だってアダルトグッズには多少なりとも興味があったりするものです。もしくは、あなたが知らないだけで一人エッチの時にもうつかっているかもしれません(笑)最初は冗談めかしたかんじで「わー、こんなすごい形のがあるよ!こんなの入らなくない!?」なんて風にワイワイとカジュアルな空気にすることが大事です。黙ってたんたんとグッズを吟味しているようだと、なんだか本気っぽさがちょっと怖くなってしまいかねませんからね。

そしてひと通り見て回ったら、あとはこのセリフを言うだけです。「この中でひとつ試してみるとしたら、どれやってみたい?」という提案です。彼女は恥ずかしがるかもしれませんが、内心ではどんなものかちょっと試してみたい……という気持ちが芽生えているはずです。なので本気で嫌がっているのでなければ、押してみましょう。たいていは後押しがほしいだけなのです。「わたしは恥ずかしいけど、あなたがそこまでいうなら……」という免罪符がほしいだけなのですから。

あとはそれを実践してみるだけ。最初はローターや電マのようなクリトリスを責めるオモチャがいいでしょう。中に挿入するタイプのバイブなどは使うにコツがいりますので、ある程度オモチャになれてから使われることをオススメします。

こちらは当サイトのSM グッズ関連の記事一覧です。

 SM グッズ の記事

その3.SM要素がはいったラブホテルの部屋を利用してみる

mio_0401

最近のラブホテルというものは部屋ごとにテーマが決まっていることが多いです。南国風だったり、和風だったり、お姫様風だったりと。そんな中でもSMをテーマにした部屋というものも多いです。部屋を選ぶ際に、そんな部屋に誘導してみて彼女や奥さんの反応を伺ってみるのもいいでしょう。

長く付き合っている彼女や奥さんとなると、セックスは自宅でするのが普通になってきたりしますよね。そんなマンネリ打破のためにもたまにはラブホを利用してみるのもいいですからね。「ちょっと非日常っぽいことしてみない?」という感じでラブホに誘ってみましょう。そしておもむろにSMをテーマにした部屋を選ぶのです。だって非日常を体験しにきたのですから、より非日常を味わえるSMルームを選んでもなんらおかしくありませんからね。

SMルームといっても、なにも三角木馬のような本格的なものではありません。そのホテルにもよりますが、あくまでも娯楽として上品に仕上げてくれているところが多いです。革張りで脚が広がってしまう作りになっている椅子だったり、壁にX字の置物がってそこに拘束できるようになっていたりというのが一般的ですね。

せっかく来たんだし、どうせならちょっと試してみない?という誘い方(罠)なわけですね。女性というものは、こういうシチュエーションに弱いのです。「わたしが望んだわけじゃないけど、こうするしかないから……仕方ないよね」という、逃げ場がないから仕方ないの、という状況に置かれることを望んでいるのです。その最たる例が「終電がもうなくなっちゃって……」というアレですね。終電がなければ帰れない。帰れないから仕方なくホテルにいく。なにもホテルにいくことを望んでいるわけじゃないの、他に方法がないから仕方なくなの。という建前がほしいだけなのです。

なので自分が望んだわけじゃないけど、SMルームに入ることになっちゃったから仕方なくSMプレイをやってみるだけなの、というシチェーションにしてしまえばいいのです。そこのお膳立てをしてしまえばこちらのものですよ。

ラブホテルのSMルームは超たのしい! オススメする理由と見るべき4つのポイント

その4.SMプレイが含まれているAVを一緒に見てみる

最近のAVというものは本当にいろいろな種類があります。完全なSMマニア向けのガチなSMビデオもありますが、ごくノーマルっぽいAVの中にSMプレイの要素が含まれているアダルトビデオも珍しくありません。たとえばAV女優が拘束されていて責められていたり、ローションまみれになって電マ責めにあっていたりといった具合ですね。

ここで大事なのは、ハードすぎる作品は選ばないというものです。ハードなプレイを見て彼女や奥さんが恐怖心を抱いてしまえばそこまでですからね。あくまでも女優さんが気持ちよさそうに感じているというのが大前提になります。わたしもちょっとあれをされてみたい……そう思ってくれるようなものを選ぶといいですね。

オススメは「人生初・トランス状態 激イキ絶頂セックスシリーズ」ですね。

とにかく焦らして焦らして、感度が最高に高まったところでセックスするという演出の人気シリーズです。ちょっとだけ縛ったりするだけでモロSMというわけじゃないし、女優が本気で感じまくってる様子もリアルです。

彼女や妻をM女としてSMの世界に引き込む4つの方法

人生初・トランス状態 激イキ絶頂セックスシリーズ - アダルトビデオ動画 - DMM.R18

とはいえ、そもそも一緒にアダルトビデオをみるのが恥ずかしい、と思う女性も多いものです。男性からしても、普段オカズにしているお気に入りの作品を見せるのもなんだか気恥ずかしいですからね。なのでここでもラブホテルを利用するのをオススメします。

ラブホテルであれば無料でいくつかの作品を見れることになっている事が多いので、「ちょっと試しに見てみない?」なんてふうに誘えますからね。そんな状況であれば、ガチなSMビデオを見るのもいいでしょう。「うわー、すごいね。こんなことしてる」なんて冷やかし半分で見ておけば、彼女もそこまで恥ずかしい思いをせずにすみます。「うちらもあれ真似してみる?」と断られる前提で無理な提案をしておき「まあそりゃ嫌だよね(笑)じゃあ目隠しくらいはどう?」と提案すれば、それくらいならまあいっか……と納得してくれる場合が多いです。

これは訪問販売などでも使われている有名な心理学のテクニックですね。「ドア・イン・ザ・フェイス」とも呼ばれている手法で、まず無理難題な提案をしておき、そのあとに本命の小さなお願いをすると、最初から本命の小さなお願いをするよりも格段に受け入れて貰える確率が上がる、というものです。

最初から1000円の健康食品を売りつけても必要ありませんと断られるだけですが、まずは20万円のマッサージチェアを売りつけておき、断られた後に「ではせめてこちらの健康食品だけでも買っていただけませんか……? 1000円分だけでいいですので」と要求することで「時間かけて説明してくれたのに断り続けるのも悪いし、20万円は無理だけどまあ1000円なら……」と受け入れてくれるわけですね。

彼女や奥さんをSMの世界へと引きずり込むためにも、このテクニックはぜひ活用してみたいところです。

オススメSM出会い系サイト

出会い系サイトで女をつかまえてセックスするもっとも簡単な方法は、SM専門の出会い系サイトを使うことです。

わたしが利用したなかでも、とくにオススメできるSM出会い系サイトを紹介します。

>> 本当に出会える絶対にセックスできるSM出会い系サイトランキングを見る

-00 SM 初心者, 09 SM 出会いターゲット

Copyright© 「SM出会い超入門」最高のセフレはSM出会い系のM女 , 2018 All Rights Reserved.