出会い系サイトで女をつかまえてセックスするもっとも簡単な方法は、SM専門の出会い系サイトでM女をつかまえることです

「SM出会い超入門」最高のセフレはSM出会い系のM女

00 SM 初心者

なぜSMはこうも愛にあふれた行為なのか?

更新日:

399dadb9b265180e54fe98443ffda585-1200x799

当たり前であって忘れがちなことではあるのですが、SMというのはもちろんお互いが了承した上で成り立つ行為です。どちらか一方が強引に行うものはSMとは呼びません。それはただの無理強いであり、時と場合によっては暴力とさえなってしまうものです。いじめる人といじめられる人という構図は、一見すると恋人の関係とはもっとも遠いもののように感じますが、なぜSMという行為は恋人であったり深い関係にあるパートナー、つまり愛情を寄せ合う相手だからこそ成り立つものなのでしょうか?

これは、Sにとってはただいじめることが好きであり目的というわけではありません。愛している・大事に思っている女性をもっと深く愛したい・知りたい、自分だけのものにしたい、自分にしか見せないほかの人が決して見ることのない一面を自分だけに見せて欲しい、という思いが強く影響しています。

小学生の頃に好きだった女の子をわざといじめてしまったりしてしまう男子は多いですよね。あなたにもそんな思い出があるかもしれません。好きだからこそいじめたくなってしまう。そんな子供の純粋な気持ちが根っこにあるのがSとしての顔なわけですね。

また、Mの場合も同様にただいじめられるのが好きというわけではありません。好きな人に必要とされたい、もっと愛して欲しい、という精神的なつながりを肉体を通じてより強く実感できる行為がSM行為というわけですね。

このように、SMというのはお互いをより深く結びつける行為として重宝されているわけです。なのでSかMなら相手は誰だっていい、というわけではありません。必ず相性というものがありますし、ただ肉体的な快楽だけを求めたい(射精だけしたい)というのであれば風俗へいったほうがよっぽど楽で合理的かもしれません。

それはM女性にとってもおなじことであり、いじめてくれる人であれば誰でもいいというわけではないのです。この人になら心を許してもいいかも……と思えるような相手でなければ、本当のSMプレイというものは楽しめません。もちろん誰しも最初は初対面同士ですから、いきなりそこからのスタートというのはできませんからね。多くの場合、SM系出会い系で会う男女というのはまずノーマルかもしくはソフトなSMプレイを含んだセックスからスタートすることがほとんどです。そこでお互いの相性を見てから、親密なパートナーになるかどうか、というのを検討し始めるんですね。

まずセックスの相性を確かめることが大事

これは日本人からすると異質に感じるかもしれませんが、海外においてはふつうなことだったりします。日本でいう恋人同士というのは、まず告白から始まります。あなたのことが好きです。ぼく・わたしと付き合ってください、と。そこから交際がスタートし、デートを重ねてキスをし、そして最終的にセックスとなってお互いに結ばれる……というのが日本においてよくあるパターンであり、王道ととされている流れです。

たしかに美しい流れではあるのですが、これには大きな欠点があります。そう、それはセックスが最後に来てしまう、ということですね。セックスというのは恋人関係を保つにあたって重要な要素です。そして、これには相性というものが存在します。単純な体の相性から始まり、プレイの内容にいたるまで様々な要素がからみあうわけですね。

セックスにおけるピストン運動のリズムがいまいちあわない……といった些細な事から、いざセックスをしてみたら趣向がSとS同士だったということもありますし、そもそもSMという行為に興味が無いどころか毛嫌いしていた、といったケースまであります。そこが折り合わなかった場合、お互いにストレスや不満がたまってしまいますし、それが原因で別れてしまうことも珍しくありません。

ところが、欧米における「付き合う」状態というのは、ほぼ結婚を目前としたカップルである、という認識なんだそうです。「ぼくたち付き合うことになったんだ」と友達に言おうものなら「それはおめでとう!結婚式には呼んでね!」といった具合になるわけですね。これはなにも付き合っただけで簡単に結婚する、というわけではありません。

逆に結婚を意識した相手としか付き合わない、というわけです。日本ではまず付き合ってからがスタートになりますが、欧米では付き合うことはほぼゴールに近いわけですね。だから、欧米では付き合う前にデートなりキスなりセックスなりをすることが普通です。そしてそれらの相性を総合した上でこの人と付き合いたい、と思えた時にはじめて告白をするわけですね。

日本では付き合う前の友達同士の段階でセックスをするのはどこか軽い男・女として思われてしまう傾向にありますが、欧米ではそれが普通なわけですね。趣味が合う・話が合う・好きな音楽や映画が同じ、というような相手に好意を寄せる条件のひとつとして、セックスの相性がいい、というものが並んでしまう価値観というんだから驚きですよね。

ただ、これはとても合理的なことだと思います。セックスの相性も知らないまま付き合ってセックスの相性が悪かったから別れる……これってなんとも非効率的な話ですからね。SM系出会い系であれば当然ながらセックスを前提としたお付き合いになるわけですから、まずセックスをして相性を確かめるというのは実に理にかなった行為なわけです。

SM系出会い系でも本格的なSMパートナーを探せる

いま、出会い系がキッカケで結婚するひとは珍しくありません。婚活パーティや合コンなども含めたら、そういう「出会いの場」で知り合った男女が結婚することはもはや多数派ともいえるでしょう。幼なじみであったり、職場恋愛であったり、友達の紹介だったりといった流れで付き合って結婚する人はもはや少数派なのかもしれません。

ですから、SM系出会い系だってそういう真面目で生涯付き合えるパートナーと出会える可能性は十分にあるわけです。セフレのような浅い関係を求めてもいいですし、本格的に心の奥深くから繋がり合えるパートナーを探してみるのもいいでしょう。個人的なオススメはまずはいろんな人とSMプレイを楽しみ、自分の傾向や趣向を確認したうえで、きちんと長く付き合えるパートナーを探して本格的なSMプレイを初めてみることですね。

真のSMというのはお互いが強い信頼関係で結ばれていてこそ楽しめるものだと思います。SとMという枠組みにとらわれず、常にパートナーのことを考え合うような親密さが求められるわけです。とくにプレイ中にはその傾向が顕著ですね。Sは常にMの表情や反応に目を配り、なにが嬉しそうなのか、責めすぎではないだろうか、いまは何を求めているのだろうか、と常に最善の手を考えながらプレイをしているわけですね。

なにも考えているのはSだけではありません。Mも同じようにS側のことを考えている訳です。Sは喜んでいるだろうか、楽しそうにしているだろうか、雰囲気が悪くなっていたりしないだろうか、とMだってSのことを気にかけるのが理想的なパートナーといえるでしょう。恋人同士や結婚相手とSMプレイをするのであれば、プレイ中だけではなく日常生活においてもお互いのことを気にかけるようになり、まさに夫婦円満の秘訣がSMプレイ……というカップルも案外多いかもしれません。

ただ、SMプレイはなにも恋人同士や結婚相手だけにしか成り立たないというわけではありません。SM系出会い系などに代表されるようなSMパートナーとの関係というのは、日常生活においてはほぼ接点がなく、プレイ中だけは本当の恋人や結婚相手以上の愛情と気配りを注ぐ相手として成り立っているのです。恋人や家族に対する愛とはまた違うかもしれませんが、愛情という点においてはなんら劣るものではないのですから。

たとえプレイだけの関係だったとしても、まったく興味も愛情もないひとにいじめられたりいじめたりして楽しいものでしょうか?答えはノーです。たとえプレイだけの関係であっても、Sは相手のことを常に気を配り、Mは自分の身体のすべてをSに委ねるという点はまったく同じなのですから。強い信頼関係というのは恋人同士にせよ、プレイだけの関係にせよ、等しく必要なものなのです。それがなければ心からSMを楽しむことは絶対に不可能です。

Sはただのいじめっ子ではありません

バラエティ番組やマンガ・アニメなどに登場するSな人というのは、人の嫌がるようなことをしたり、乱暴で粗雑な行動をしたりといった、人の気持ちを顧みないいじめっこのようなイメージで登場することが多いですが、プレイとしてのSMにおけるSというのはこれとはまさに正反対です。常に相手のことを気にかけ、相手が何をスレば喜ぶのか、何をしてほしいのかということを常に考え、Mがちょうどよいと思える範囲のギリギリを責める大胆さも求められます。

Mだってただ黙っていじめられていればいいわけではありません。いじめてくれる人なら誰でもいいんだろう?と勘違いしている人がいますが、興味も愛情もない人からうけるいじめというのはただの嫌がらせであり不愉快でしかありません。心を許した人に対してのみMになるというケースが多いのです。

つまり、SにしろMにしろ自分の性癖をオープンにできてしまうくらいの相手でないと成立しないというわけですね。ただ、これは普段の日常生活の延長線上にある関係の相手にはなかなか難しかったりするものです。友達の紹介なり幼なじみであったりといった「健全」なルートで付き合うことになったパートナーに対して、自分の性癖をすべて打ち明けるというのは大変に勇気がいるものです。

なにしろ、それを受け入れてくれるかどうかというのはまったくわからないのですから。運良くお互いの趣味が一致して最高のパートナーになる確率もありますが、それとは逆に嫌悪感を示されて関係がギクシャクしてしまう……というほうが割合としては多くなってしまうことでしょう。

だからこそ、最初からSMに興味がある相手としか会うことのないSM系出会い系というのは素晴らしい場といえます。これまでSMが普及しなかったのはその「変態がするプレイ」といった間違ったイメージと、適切なパートナーと巡り会う機会がなかった、という要因にあります。SM系出会い系というのはその2つの欠点を完全にカバーしていますからね。さらに、いまはインターネットでSMの情報なども簡単に得ることが出来ます。これからSM人口というのは増える一方なのは間違いありませんね。

プレイの責任はSにアリ

ただ、気をつけて欲しいのはSMプレイというのは節度や加減を間違えてしまうと代償が伴う場合があります。その場合、責任を負うのはプレイの進行係であるところのSなことがほとんどです。Mはどうしてもプレイに対しては受け身になってしまいますからね。SMプレイ中は常にSが責めるものでありますし、プレイ中は少しの注意不足が重大な事故につながりかねません。Sはそのような不測の事態も考え、ただただプレイに没頭するのではなく常にMの様子に気を配りましょう。Sに求められる責任というのは大きく分けて以下の3つが代表的です。

その1.怪我

長時間にわたる拘束具や縄を使ったプレイでは、拘束により身体が圧迫されて自由を奪われます。このような長時間一定の姿勢を強いるプレイというのは想像以上に身体に負担がかかるものであり、表面的に跡が残るだけではなく内部の神経を傷つけてマヒが残る場合も考えられます。

また、フックなどでカラダ全体を吊り上げるプレイなどは全体重が一箇所に集中してしまうこともあります。重力と体重があわさって非常に負荷がかかりますし、もしその部位が首だったりした場合は最悪の場合は死に至るケースも有ることでしょう。くれぐれも拘束を伴うプレイはやりすぎに注意してください。

その2.避妊

SMであっても通常のセックスと同じように妊娠のリスクがあります。相手が身動きがとれない拘束状態であったり、目隠しをして確認ができないのをいいことに、コンドームをつけずに生で挿入するというのは厳禁です。決してS男側の都合であったり願望だけでやっていいことではありません。Sならなんでもしていい、というのは一番してはいけない勘違いですし、そうでなくてもプレイが盛り上がってきてしまいのめり込んでしまうと、男女ともについつい避妊をおろそかにしてしまいがちです。

いまは避妊用のピルなども普及してきていますので、どうしても生でのプレイを楽しみたいというのであれば一考してみるのもいいでしょう。ただ、Sという立場を利用しての無理強いというのは決してしてはいけません。

その3.細菌感染

SMにはアナルプレイであったり野外でのプレイというのも日常的に行われます。このようなプレイでは通常のセックスの何倍……いえ、何十倍もの最近に触れる機会やリスクが高くなり、細菌による尿道炎や膣の炎症などのリスクが伴うことを忘れてはいけません。たとえば、アナルに挿入したバイブをそのまま膣に挿入する、なんてことは絶対にしてはいけません。

バイブだけではなくペニスも同様です。必ずコンドームをかぶせて直接触れないようにしてください。また、指を入れる場合なども深く挿入するのであればゴム手袋などもあったほうがより確実といえるでしょう。

オススメSM出会い系サイト

出会い系サイトで女をつかまえてセックスするもっとも簡単な方法は、SM専門の出会い系サイトを使うことです。

わたしが利用したなかでも、とくにオススメできるSM出会い系サイトを紹介します。

>> 本当に出会える絶対にセックスできるSM出会い系サイトランキングを見る

-00 SM 初心者

Copyright© 「SM出会い超入門」最高のセフレはSM出会い系のM女 , 2018 All Rights Reserved.