出会い系サイトで女をつかまえてセックスするもっとも簡単な方法は、SM専門の出会い系サイトでM女をつかまえることです

「SM出会い超入門」最高のセフレはSM出会い系のM女

00 SM 初心者

自分からメールを送ってくるM女はヤリ捨てるのにちょうどいい

更新日:

自分からメールを送ってくるM女はヤリ捨てるのにちょうどいいわたしの経験からすると、あちらからメールをせっせと送ってくるようなM女はハズレが多いです。

このようなM女は

  • とにかく会いたい
  • まずはセックスをしたい
  • 相手はだれでもいい

といった欲望の塊であり、長くSM奴隷として付き合うには不向きです。

きちんとした信頼関係を築く前に、自分以外の別の男にせっせとまたメールを送って簡単にセックスを乞うようなビッチなのですから、そのようなアバズレと向き合って本格的な調教をしようなんて思えませんからね。

逆に言えば、適当なセフレであったり、とりあえずセックスさえできればいいといった方には、自分からメールを送ってくるM女は最適な存在とも言えるかもしれませんね。わたしのようにストイックで本格的な奴隷調教を試みる人というのはかなり少数派なようですし、興味本位で面接を希望してくる女性は多いものの、一度セックスをすると「ちょっとガチすぎてついていけそうにないです……」とレベルの差に意気消沈してしまう女性も多いのが困りものです。

もし、きちんとした真のSM奴隷を見つけようと思っている方は必ず自分からメールを送りましょう。いいM女ほど、埋もれているものです。そういった奴隷候補を発掘し、磨き上げ、自分だけの色に染めるというのはまさにご主人様冥利に尽きると思いませんか?

それなりのSM奴隷でいいなら、いくらでもみつかる

自分からメールを送ってくるM女はヤリ捨てるのにちょうどいいただ、正直なところをいってしまえばこれは面倒です。いくらルックスがよくても、スタイルがよくても、セックスの相性がよくても、SMプレイの相性が合わなかったらそれまでなのですから……。これまで何人もの上玉を放流してきました。

もちろん、わたしのような人は普通に考えれば頭がオカシイ部類なのでしょう。しかし、過去に最高とも呼べるSM奴隷をもってしまっただけに……ふつうのセックスや、それなりのSMプレイでは満足できなくなってしまったのです。

けっして自慢でも嫌味でもなんでもなく、純粋なセックスを娯楽として楽しめるうちに楽しんでおくべきです。わたしは最高のSM奴隷と出会うのが早すぎたという幸運と不幸により、大きな悩みを抱えることとなってしまいました。

何度もいうように、いまSM系出会い系を利用すればセックスすることだけはいとも簡単にできます。S男として登録するだけで引く手あまたなのですからね。単に都合のいいセフレを見つけたい、後腐れのないセックスを楽しみたいというのであれば今が最高の時期であることは間違いありません。

まずはどんどんセックスをする

あるいは、それをきっかけにこれからSMを本格的に学んでみたいというひとであればまずはどんどんセックスをして経験をすべきです。見知らぬ女性とセックスをいくらでもできる、という状況は異様なほどの自信を自分に与えてくれます。

これまでどこか引け目を感じていた、自分よりも年収の高い同期や幼なじみであったり、ルックスも体格もいい友人、美人の嫁さんを手に入れた友人など、ふつうに過ごしていたら嫉妬の対象でしかなかった男友達に対して、自然と優位に立つような気持ちになれるのです。

わたしは幼い頃から身体が弱く、50m走やマラソン大会でもクラスで最下位でしたから、自分に自信のないコンプレックスの塊のような存在でした。しかし、今ではその頃のクラスメイトの誰よりも女性とセックスをしているという自負があります。

風俗やデリヘルでの、こちらがお金を払ってするセックスとは違うんです。素人女性の、わたしとセックスをして欲しい、という要望を受けて「してあげるセックス」なんです。女性に対する価値観も、大きく変わりますよ。

勘違いM女が調子に乗ってきたら注意

しかし、M女とSMプレイをしていると、中にはどんどん調子に乗ってくるバカM女がいます。

SMを経験したことがない人には意外に思えるかもしれませんが、ある程度SMの世界に触れてみるとよくわかります。いかに多くのM女が傲慢で、調子にのっているか、ということを。

まあそれもある程度は仕方のないことなんですけどね。SM画像やビデオなどでは、奉仕しているのはM女のように、絵的には見えますが、その実ときたらS男がM女に対して尽くしているという格好ですからね。

  • 言葉責めをしげ「あげる」
  • 緊縛をして「あげる」
  • SMグッズを買ってきて「あげる」

などなど、常に奉仕される立場であったら、どうしたって調子にのってしまいますよね。特にこういった傾向はある程度のSM経験を積んできたM女に多くみうけられます。

逆に、初心者のM女というのは実にかわいらしくこちらに尽くしてくれるものです。S男として初心者のうちはそういった傲慢なM女に教わる部分も多く、負担に思う部分もありながらもいろいろと勉強させていただいたので有意義な関係だったのですが、いまは初心者のM女を自分色に育て上げることにもっぱらチカラを入れています。消費者側から生産者側になったかのような気持ちです。

要求がエスカレートしてくる

自分からメールを送ってくるM女はヤリ捨てるのにちょうどいいわたしの体験になりますが、まさに「つけあがる」といったような表現がぴったりなM女に遭遇したことがあります。たしかに美人でしたしスタイルもよく、わたしからしたら手放したくないと思わせるようないいオンナでした。当然ながら、相手もそれをわかっているわけですね。わたしは価値のあるM女だと。

そんな態度がふしぶしに見受けられました。直接的な言葉でこそいいませんが「あなたの代わりなんていくらでもいるのよ」と言わんばかりの態度で、こちらの危機感を煽ってくるわけですね。こちらも手放したくない気持ちはありますので、なるべく相手の希望や理想に沿うように努力をしてしまうものです。男の性ですね。

それがプレイ内容に収まっていたうちはまだよかったのですが……そのうち、あれが欲しいこれが欲しいと要求がエスカレートしてきました。どこどこの海外ブランドのSMグッズじゃないともう相手を出来ないだの、最近は体調がよくないからどこどこのエステにいってリフレッシュさせてほしいだの、ついに人を金づる扱いしだしてきたところで、こちらのストレスも限界になり別れを告げました。

ここまでひどかった人は稀でしたが「奉仕されて当たり前」という気持ちを持ち始めると、やはりこちらからしたら腹立たしくなりますよね。

傲慢なM女ほど、調教しがいがあるともいえます

しかし、そんな状況は逆においしいともいえますよね。そんな天狗の鼻をへし折ってやるのはまさにS男として腕の見せ所でもありますし、快感を得られるチャンスでもあります。いつもM女が要求する範囲内にプレイがとどまってしまっているからこそ、S男側がナメられてしまった結果としてM女が傲慢になってしまうという面もあるわけですからね。

いつもしているプレイとは方向性の違う、そんなサプライズのプレイをして見返してやりましょう。それこそ、相手が本気で泣き叫んでしまうようなレイプまがいのプレイをしてみるのもいいでしょう。「あくまでも調教してやってるのはこちらだ」ということを再認識させてやるのです。まさに調教ですね。

こういった状況は、ある程度長く付き合ってきたパートナーほどなりがちだったりします。最初から傲慢なM女もいるにはいますけどね(笑)そういった人はおそらく、前回のS男にたいしてそういう態度をとったまま別れることになり、まだその感覚が抜けていないのでしょう。

無垢なSM初心者をイチから調教するのは楽しいものですが、こういったスレてしまったM女を正しい道に引き戻してやるのも、有能なS男の証といえるかもしれません。

オススメSM出会い系サイト

出会い系サイトで女をつかまえてセックスするもっとも簡単な方法は、SM専門の出会い系サイトを使うことです。

わたしが利用したなかでも、とくにオススメできるSM出会い系サイトを紹介します。

>> 本当に出会える絶対にセックスできるSM出会い系サイトランキングを見る

-00 SM 初心者

Copyright© 「SM出会い超入門」最高のセフレはSM出会い系のM女 , 2018 All Rights Reserved.